焼酎ラベル

d0301108_1282189.jpg

d0301108_1282230.jpg

三宅島酒造株式会社様の焼酎ラベルです。
【三宅島焼酎の歴史】
<三宅島酒造販売> 雄山一
(三宅島の焼酎の生い立ち)
江戸時代末期、19世紀頃に鹿児島県阿久根出身の丹宗庄右衛門という貿易商が、島津藩の密貿易に加担し罪を負い、八丈島への島流しの刑に処されました。
新島~三宅島へと寄港した際に、サツマイモの苗と焼酎製造の道具を故郷の鹿児島から取り寄せ、焼酎の製造方法を島民に伝授しました。
それ以前には僅かばかり日本酒を造っていた様です。

かつて三宅島の各地区には五つの蔵に四銘柄の焼酎がありましたが、それぞれ後継者不足などの理由により雄山一を造っていた伊ヶ谷酒造を除く四つの蔵は次々と看板を下ろしてしまいました。

しかし、伊ヶ谷酒造も15年ほど間に杜氏の体調不調のため、休業を余儀なくされ、2000年の噴火による全島避難から2005年の避難解除を経て、有志のご尽力により2年の準備期間の後、2007年伊ヶ谷酒造を三宅島酒造と改名して三宅島唯一の焼酎蔵を操業開始しました。
[PR]
by kakee-co | 2013-03-15 01:01 | 酒造ラベル


<< 金銀刷ラベル ブランドラベル >>